読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指振り縮小ピクスィー

f:id:flyingbc:20170105200731j:image

縮小ピクスィーを使っていてこんな経験はないだろうか。

「鋼タイプが辛い...」

筆者はある。特に、今日では強力なフェアリーが増えたことに伴い、鋼タイプも増加している。鋼タイプが入っていない構築など極めて稀少だろう。一応、大文字を搭載することによって鋼に対し抵抗ができるが、ピクスィーの技スペースでは相当無理がある。しかし、この欠点を補える技がある。指をふるである。

しかし、指をふるはランダム要素があるため敬遠する人も多いだろう。だが、前座で麻痺を撒き、その後ピクスィーの身代わりによって指をふるの試行回数を稼ぐことでこのデメリットを克服できる。理屈で言えばボルトロス+オニゴーリのそれに近い。本来なら身代わりなんぞ採用できる技スペースはないのだが、今回の型は指をふるがほとんどの技の代理になるため技スペースに少し余裕ができる。そこに身代わりを入れる。これと縮小・麻痺を合わせることで相手が攻撃できなくなったところで初めて指をふるを使うことで、ただの運ゲから戦略的運ゲへとなるだろう。

特に、散々時間を稼いでおいて攻撃体勢になったら指を振り始めるため、相手に対する煽り性能に関しては他の追随を許すことはないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこれを使ったら筆者のレートが100程度下がったがこれは筆者の立ち回りがクソなだけであって(積みサイクルとか対面系の構築が苦手)このピクスィーの弱さを示すものではない。他の人が使えば強いと思います(適当)