読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

害悪系積みサイクル

メンバー:ピクシー/ガルーラ/ジャローダ/オニゴーリ/カプ・コケコ/ゲンガー

害悪積みサイクルの典型とも言える麻痺撒き+害悪エース枠+高タイマン性能メガ枠といったノリ。詳細は以下。

 

ピクシー@残飯

努力値:244-0↓-60-0-0-204↑

実数値:201-81-101-105-110-116

月の光/小さくなる/指をふる/身代わり

無限の可能性を秘めたエース枠。縮小+身代わりで指をふるの試行回数を稼ぎやすくする。指をふるによってほとんどの技を扱えることと同義であるためエースとしての性能は言うまでもない。単体考察を載せておく。

 

ガルーラ@石

努力値:180-196↑-4-0↓-12-116

実数値:203-187-121-×-122-135

恩返し/地震/岩石封じ/瓦割り

露骨に弱体化されたがそれでもそれなりのスペックを持つ暴力親子。こいつのタイマン性能は言うまでもないだろう。と、言いたいところだが火力がガタガタになって対面で突破できないポケモンがかなり増えた気がする。6世代の感覚がいまいち抜けていないのは筆者だけではないはず。

調整は過去にいた203ガルーラと呼ばれるものに近い。現環境に合っているかはよく分からなかった。

技はメインの恩返し、補完の良い地震までは普通。岩石封じはメガルが使うと100%S-2という強烈な性能を誇る。何とメガアタッカーに加えて起点作りまでこなすことができるのだ。全然やっていけるじゃないか。ラス1の瓦割りはAキュウコンの壁が割れればいいなぁと思っているが割ったことがない。単に格闘打点として使えると思っていたが書いてる途中で2倍瓦割り<等倍恩返しという事実に気づいた。多分要らない。ぶっちゃけ岩石封じも役に立ってない。

 

ジャローダ@襷

努力値:0-252-0-0↓-4-252↑

実数値:150-127-115-×-116-181

リフブレ/ドラテ/蛇睨み/リフレク

地面に麻痺を撒けるポケモンが欲しかったのでこいつを採用した。天邪鬼が未解禁のためリフストで暴れることはできないがドラテで起点にならないくらいはできるので採用に至った。ドラテ搭載なので物理型。リフレクはピクシーの指をふる機会を増やせればいいかなと思っているが増やせた経験はない。多分挑発の方がいい。

 

オニゴーリ@石

努力値:0-252-0-0↓-4-252↑

実数値:155-172-100-×-101-167

恩返し/大爆発/地震/挑発

 氷+地面の範囲(+大爆発)によって高いタイマン性能があると思いきや味方にいるガルーラが強烈すぎてほとんど選出されない悲劇のポケモン。単氷というのがとにかく扱いづらい。フリーズスキン弱体化によって大爆発も弱くなってしまったのも苦しい。

選出時点では相手からしたらみがまもに見えるため与えるヘイトは十分だと思う。選出前に降参させたのはこいつの強み

 

カプ・コケコ@電気Z

努力値:0-0↓-0-252-4-252↑

実数値:145-×-105-147-96-200

10万ボルト/社員/電磁波/挑発

第2の麻痺撒き。ジャローダとの違いは火力がある程度伴っているのとタイプ複合が優秀で汎用性が高いこと。こんな言い方をしてしまうとジャローダの立場がない。

この構築だと流石に透けると思うが、純正なアタッカーと思いきや電磁波や挑発などの小技で撹乱してくるのは強いと思う。ということから採用に至った。やはりジャローダの立場がない。

ちなみに電気Zを持たせているが筆者はZ電磁波の効果を知らない。それくらい使ってない(Z使うのを忘れる)。

 

ゲンガー@珠

努力値:0-0↓-0-252-4-252↑

実数値:135-×-80-182-96-178

祟り目/ヘド爆/道連れ/催眠術

普通の珠ゲンガー。味方の電磁波で全抜きを狙おうと図っているがそう上手くはいかない。というわけでこいつの仕事は有利対面から2連催眠をかますだけのクソゲーを仕掛けること。前世代でも個体が多かっただけあってやはり強い。どれほどかというとこの構築の数少ない白星をほぼこいつ1人で得るくらいだ。選出頻度は高くないが間違いなくMVP。

 

選出は麻痺撒き+ピクシー+メガ枠orゲンガーで固定。毎度ピクシーの指をふるに頼っているせいか全く勝てない。それ以前に起点の作り方がわからずロクに指をふる前にピクシーが倒されることも珍しくない。この手の構築は元々苦手なのでまともな構成でも多分勝てない。